高校受験を控え、どうやって志望校を選んで良いか
わからない人のために志望校選びのポイントをまとめました。

志望校は高校の3年間の教育内容や
そのあとの進路なども考え選択することが重要です。

スポンサーリンク

どんなタイプの高校なのか

まずどんなタイプの高校が良いのかを考えてみます。
国公立、私立、普通科、付属校、進学校、共学など
色々なタイプの高校があるので、
それぞれの特色をよく考えて、
自分にあった高校を探しましょう。

最近は私立高校でも男女共学が多くなり
受験生も共学志向が高くなっていますが、
人気の高い私立高は男子校、女子校も多くあります。

共学であれば実社会と同じように、
男女の考え方や物事の受け止め方の違いなどを
理解しながら学生生活を送れますし

男子校、女子校であれば異性の目を気にせず、
本来の学業に打ち込んだり、
本来男子と女子は同じことでも感じ方や
学び方が異なるので、男女の違いに合わせた
カリキュラムが組まれていたりします。

自分にあった校風か?

私立高校は学校によって
独自の特色を持っているところが多いです。

大学進学に定評があったり、
礼儀作法などの人間教育に力を入れているところ
私服での通学を認めていたりするところもあります。

公立高校も授業の内容や、行事への取り組みなど
学校ごとに特色があります。

校風を知るには先輩に話を聞いたり
学校説明会や実際に学校を見学してみたりして、
学校の雰囲気を知っておくことが大切です。

高校での教育内容は?

すでに行きたい大学などがあり、
高校卒業後の進路が決まっている場合は、
大学への進学のしやすさなども志望校を選ぶポイントになります。

あとは3年間を過ごすので、勉強への取り組みはもちろんですが、
部活や学校行事も充実した高校生活を送る上では重要なポイントです。

生徒の取り組み姿勢や、
行事での盛り上がり方も、
学校により違うので、学校公開や文化祭などで
実際に体感してみるといいかもしれません。

通学時間はどのくらいか?

どんなに自分にあった高校だとしても
仮に片道2時間以上かかるのであれば
通学時間が原因で学校に行きたくなくなったりすることもあります。

無理なく通える高校を選びましょう。