高校受験に向けて3ヶ月で結果を出すための効率の良い勉強法を教科別にご紹介します。
短期集中で成績をアップして、高校受験に向けテストで良い点を取りましょう。

目次

英語の高校受験対策

英語はとにかく単語力が必要で、単語の意味がわからないと文法長文も理解できません。
短期で英語力を上げるまたには、まず単語を覚えていきましょう。

英単語の覚え方は、書いて憶えたり、黙読や声に出すなどどれが効果的なということになりますが、本人にあった憶え方というのは人それぞれ違うので、いろいろな方法にトライしてみましょう。全ての方法を利用して憶えていくという方法でも良いと思います。

スポンサーリンク

高校受験に向け3ヶ月という単位であれば、とにかくまず単語をおぼえることに集中してみましょう。
英単語を暗記をするときに読んだり、書いたり、声を出して発音したりと、考えられる方法を一通り試してみて、自分に合う学習法を見つけとにかく繰り返し学習することです。

数学の高校受験対策

数学の高校受験対策は公式の暗記と計算力をアップするのが目標です。
計算力は筋力と同じで、使っていないと衰えるので、毎日問題集や計算ドリルを利用して、とにかく計算問題を何度もなんども解いていきましょう。数学は反復練習が必要な教科になります。問題が理解できるようになるまで繰り返すことで受験に向けての学力を身につけていきましょう。文章題も大切ですが、まずは計算力と公式の暗記が重要です!
時間を作り毎日学習に取り組みましょう。とにかく毎日計算をすることで3ヶ月でかなり計算力がつき、驚くほど学力がアップします。

理科の高校受験対策

理科は用語などをおぼえることが重要で暗記がキモになって来ます。
まず最初の1ヶ月は教科書を何度も繰り返し読んで、内容を把握していきます。
あとは定期的に教科書を見返しながら、問題集を解いたり、用語集の暗記をしていく流れで取り組みます。
用語集を作っても良いと思います。

社会の高校受験対策

社会も理科と同様暗記が重要です。
まずは教科書を何度も繰り返し読んだりして全体像を掴み、そのあと細かい部分を暗記していきます。
歴史については、漫画などを活用して憶えることも効果的です。

まとめ

高校受験も基礎力がとても重要になって来ます。
3ヶ月で効率よく結果を出すためには、とにかく基礎をしっかりと固めていくことです。
基礎力がついていればあとは応用力で対応できる範囲がどんどん増えていきます。
まずは基礎を固めるということを意識して高校受験対策に取り組みましょう。