高校受験に向けて、効率的な3つの受験勉強法を紹介します。
高校受験の受験範囲は中学3年間の総合力が問われます。
効率的な準備をして受験に向け頑張りましょう。

スポンサーリンク

問題演習を中心に受験勉強する

まず問題演習に力を入れましょう。
受験には問題演習でしかつかむことのできない
問題をとくためのコツがあったり、
弱点を把握するためにもとにかく演習問題を行います。

演習問題を解きながら
問題を解くコツや苦手な部分を把握して
受験準備をしましょう。

受験勉強をスタートするときに
良く聞くのが勉強したことを
まず教科書の内容や

授業でとったノートをまとめる
作業をするということを聞きます。

まとめノート作りは授業中に行うか
本当に時間の余裕があるときでないと
演習を行う時間がとれず、
限られた受験勉強の時間が、
無駄になってしまいます。

まずは問題演習です。
問題演習を中心に受験勉強に取り組みましょう。

受験本番を想定し制限時間を設ける

受験本番を想定して、
可能な限り受験本番と同じ時間帯に
同じ教科の勉強をしましょう。

ほとんどの高校はすべての教科、
英語、数学、国語、理科、社会も
試験時間は50分だと思います。

授業のある平日はなかなか難しいですが、
土日や時間の融通の聞く日は
受験本番を想定して、

できる限り同じ時間に
同じ教科の勉強を試験時間と同じ
50分の時間制限を設けて取り組みましょう。

受験本番と同じ時間帯、時間制限で
勉強することで、そのリズムが身体に染み付き
受験本番でも力を発揮できるようになります。

定期的な復習で実力を強化

何度も聴かされていることだと思いますが、
勉強の基本は復習の回数です。

物事を一度で記憶することは
どんな人でも難しいことです。

問題演習を中心に、
一度演習をしたら夜寝る前、翌朝1週間後、1ヵ月後など
学習したことを定期的に復習しましょう。

復習を繰り返せば繰り返すほど
記憶が強化され、学習内容が身につきます。

まとめ

受験勉強は問題演習を中心に、時間制限を設けて取り組みましょう。
一度学習したことは、忘れてしまう前に定期的に復習をして
勉強したことが無駄にならないようにしましょう。

限られた時間の中、効率的に受験勉強をして
志望校合格を目指しましょう。