今回は短期集中でテストの成績を一気に上げる方法を紹介します。
短期で成績を上げるためには、1ヶ月間は勉強のことを何より優先する必要があります。
今まで学習習慣がなくても30日間の短期集中であれば頑張れると思います。
1ヶ月間頑張ると決めたらあとは短期集中にあった勉強をすれば30日後に必ず結果が出ます。

まず学習環境を整える

まず学習環境を見直しましょう。
自宅の机の上や身の回りにマンガやゲーム、携帯等を置いていたら
勉強途中に気になってしまうものです。

勉強中携帯は触れないよう部屋の外に置いておいたり、
マンガやゲームなども目にふれない場所へ移しましょう。

テスト範囲の教科書の音読を毎日必ず行う

30日間毎日行って欲しいのは教科書の音読です。
黙読では効果は半減します。
必ず声に出して音読を行ってください。

声に出して読むには、教科書の内容を理解しなければならないので
黙読のように無意識に読み飛ばすということがなくなります。

文章を目で追ってインプットするだけでなく、
声に出して読むというアウトプットの作業も同時に行うことで、
格段に学習効果があがります。

また耳からも情報が入ってきます。
できるだけ高速で読むようにすると情報の処理速度が上がり
30日間続ければ驚くほどの結果が出ると思います。

教科書のテスト範囲の音読を続けていると
いつのまにか教科書を丸暗記してしまっているというようなことも珍しくありません。
教科書の内容がすべて頭に入っていればテストではかなりの点数を取ることができるでしょう。
頑張って30日間続けてみてください。必ず良い結果を出すことができると思います。

復習を中心にテスト範囲を何度も繰り返し学習する

英単語や漢字の暗記はとにかく何度も繰り返し学習するということに尽きます。
単語カードや問題集をテストまでに、何度もこなします。
記憶力というのはあいまいで、一度で完璧に憶えておくことは不可能です。

なんども繰り返すことによって記憶に定着していくので
当日学習したことを夜寝る前、翌日、週末などに繰り返し学習することで
記憶に定着して学力が身についていきます。

テスト範囲の問題集を何度も繰りかえします。
2回、3回、4回、5回とやればやるほど成績に反映されます。
やればやるだけ成績が上がるのが暗記教科です。

社会や理科などは授業のノートを何度も見返しましょう。
授業中に黒板などに書かれた内容はテストに出ることが多いので
教科書の音読で流れをつかみつつ、ノートの内容を見返すことでより良いテスト対策ができます。
定期的な繰り返し学習を意識して勉強に取り組みましょう。

スポンサーリンク