授業中に眠くなってしまった場合の対応について

授業は退屈な授業ほど眠くなってしまいます。
どれだけやる気があっても、
疲れていたりすると、眠くなったりします。

授業中眠くなってしまったら、
どのように対策方法をとれば良いのでしょうか?

少し寝てしまうのが一番効果的

どれほど頭が良くても、
授業を聞くだけで、そのとき習ったこと
全てを理解するのは難しいでしょう。

どれだけ授業に集中しても、
全部は理解できない前提であれば、
眠いときは、少しだけ寝てしまった方が
その後の勉強効率を考えても一番良い方法です。

スポンサーリンク

2~3時間のあいだずっと集中して
授業を受け続けるのは、ほぼ不可能です。

さらに眠いのであれば、
眠気と格闘することで必死になるので、
その状態で授業を理解するのは、現実的ではありません。

可能であれば少し寝ることで、
頭が冴え集中力が回復します。

予習で重要ポイントを抑えておく

授業中の時間の使い方ですが、
理想的なのは授業の予習をざっくりと行って
重要なポイントを予測し、

授業中の手の抜きどころを把握しておいて
重要なポイントだけは、
集中して聞くようにできると理想です。

重要部分以外の箇所は
気楽に取り組んでもよいですし、
眠いときはその部分で少し寝てしまうのも
眠いときの対策方法です。

ただし少し気を抜くのは、
重要な部分のときに集中するためなので
ずっと気を抜いたままにならないようにしましょう。

寝てしまう以外の眠気対策方法は?

ただ授業中に寝たら怒る先生もいるので、
そういうときは眠さに効くツボを刺激したり、

机の下側の金属部分に手を当て
少し身体を冷やしたりとう対策になります。

身体を伸ばしたり、
姿勢を変えてみたりなどありますが、
やはり少し寝るのが一番効果はあります。

授業中どうしても寝てはいけないときは
下記の対策も試してみましょう。

授業中の眠気対策一覧

  • 眠気に効くツボを押す
  • 伸びをする
  • 耳を引っ張る
  • 靴や靴下を脱ぐ
  • 先生に質問してみる