英語はほとんど全ての大学入試で必要な教科です。
英語は他の教科より得点配分が高く、

入試では一番重要な教科になるので、
受験勉強では一番重点的に行う必要があります。

英語は勉強時間に対してなかなか成績を伸ばすことが
難しい教科ですが、時間をかけて勉強すれば
必ず伸びる教科でもあります。

スポンサーリンク

まず英語は成績が伸びるまでに、
相当な時間がかかるものだと、
あらかじめ割り切って勉強を始めましょう。

志望校が決まっているなら、
過去問に実際に取り組んでみて
出題傾向にそった勉強法をするのが、
一番効率よく勉強できます。

ですがまずは何よりも
英語の基礎力をつける必要があります。
単語、文法、熟語、構文、読解を
バランスよく勉強するようにしましょう。

復習は必ず定期的に行うようにしましょう、
何度も聞かされていると思いますが、
本当に重要なことですので、
勉強は復習を中心に組み立てます。

復習のための学習計画を立て
学習サイクルを守って、取り組みましょう。
どんな勉強法でも復習をしなければ絶対に伸びません。

特に英語は普段見慣れていなので、
すぐに忘れてしまいます。
ですから他の教科より、
多く復習しなければ記憶に定着しません。

成績が伸びる人は
例外なく復習をしっかりしています。
勉強をしっかり復習をすることが、
成績を伸ばす最も効果的な方法です。