漢文は短期間で高得点を狙える教科

漢文は勉強する前は
とても難しい教科にみえますが、

受験勉強の中では
覚えなければいけない内容が、
圧倒的に少ないので、

取り組む前は複雑に見えますが、
入試で出題されるところも
大体決まっているので、

基礎学習をして
演習問題一冊やれば
受験対策としてはほぼ完了です。

スポンサーリンク

漢文の勉強法

漢文の勉強でまず大事なのは
単語と句形になります。

漢文で必要となる単語100語程度です。
覚える句法も50くらいになります。

古文で約400語程度、
センター英語で1500語くらいですので
他の教科に比べて、
覚えなければいけないことが、
かなり少なくなっています。

基礎が固まったら句形を勉強します。
句形の基礎的を覚えれば、
かなり漢文が読めるようになります。

漢文の得点アップを目指すなら
まずは体系的にまとまった漢文知識
の句法・単語を覚えてしまいましょう。

ことが最も効率的です。

漢文の参考書

漢文の参考書としては
「漢文ヤマのヤマ」をおすすめします。

単語や句形をマスターするために最適で
漢文の基礎から入試レベルまで、
必要な知識を網羅した参考書です。

漢文が苦手でも内容がわかりやすく
例文が豊富に載っています。

例文が豊富だと句法の具体的な使い方や
文章でどのように使われるかを
確認できるので暗記もしやすくなります。

漢文の読み方

漢文を読む時に大切なのは
漢文の意味を理解することです。

最初に頑張って読み下しの方法を
必死に覚えるのではなく、
漢文を直接日本語に訳して
内容を理解することが重要です。

参考書をなんども確認していれば
内容は理解できるので、
話の流れがわかれば
読み下しなども
自然と理解できるようになります。

まずは漢文の意味を理解することを
念頭において、漢文を読んでみましょう。