数学の勉強は基礎を完璧にすることが重要

数学は積み木のような教科です。
基礎から勉強してしっかり知識をつみ上げていかないと
それ以上は詰めなくなってまいます。

数学は基礎が本当に重要なので
まず基礎を完璧にこなすよう意識しましょう。

前段階を身につけるまでは
応用問題など次の段階にいかないようにします。

数学ではほとんどの問題は
基礎事項の組み合わせで、
応用問題になっています。

難しい問題でも
出題者が基礎事項を組み合わせて
難しいように見せています。

ですので、数学の学力をアップするには
基礎力を完璧にすることが、
数学を得意科目にする一番の近道になります。

高校の数学の勉強を始める前に

高校の数学の始める前に
中学の数学をしっかり理解できているかを
確認しましょう。

中学の数学の基礎に自信がなければ
まず中学の数学の勉強から始めます。

遠回りのようですが、
基礎を固めて次の単元に進めば
今まで躓いていた箇所があっても
しっかり理解できるようになっているはずです。

数学が苦手な科目なら
まずは中学の数学の勉強から始めましょう。
教科書レベルの問題で構いません。

完璧に解けた問題は必要ないですが、
途中で止まったり、わからない問題があれば
回答後に見直しをおこないます。

途中考え込んでしまわないように
基礎レベルの問題を
完璧にこなせるようになるまで
何度も繰り返し解いてみましょう。

そして定期的に復習することで
記憶に定着させていきます。

ひとつひとつの問題を完璧にこなすようにする

その場で完璧に解けない問題は
時間をおいて解いても、
完璧に解けるようになることはありません。

基礎を理解していなければ
また同じ問題をとくとき
同じように躓いてしまいます。

ひとつの問題はいろいろな基礎事項が
組み合わさってできています。

ひとつの問題を完璧にしていくほうが、
数多くの問題をこなすより、
数学の成績ははるかに向上します。

ひとつひとつを完璧に固めていくことが
効率的に数学を勉強する上で重要になります。

基本的な公式と基礎問題の解法を
完璧にマスターすれば、
たいていの問題には対処することができます。

時間をかけてただとけるだけでなく
問題を見てスラスラと解法がでてくるくらい

完璧にこなせないと
次の段階の問題は解けないので
基礎を確実に積み上げていきましょう。

基礎力がついていないと、
わからない問題があり答えを見たときに
なぜその答えになるかも理解がむずかしいです。

解答を順に追いながら
こういうことだったのかと理解できるのであれば
基礎力がついているということです。

解答を見て解答の流れが理解できるようになるまで
しっかり基礎を勉強しましょう。

基礎が身に付いたら
あとはどれだけ早く問題に対応できるかです。

受験は時間との勝負になるので
難しい問題を時間内で解くためには
基本的なことを身体で
覚えておくことが重要です。

まずは一つずつの問題を完璧に自分のものにしてから
次の問題へ進むことがなによりも大切です。

数学で高得点を目指すのであれば、
一つでも多くの問題に触れる必要があります

多くの問題に触れる必要があるという点が
数学が時間のかかる教科である理由の一つです

私立難関校では教科書に載っている
基本事項を超えるような高度な考え方を
必要とする問題ばかりを出題します。

問題によっては他の問題には
全く応用のきかないその問題のためだけの
考え方というものも存在します

いろいろな問題に通用する基本的解き方を
マスターしていることを前提に、
数学についてプラスαの実力があるかどうかが、
合否をわけることになります。

沢山の問題に触れて、
一つ一つの問題を完璧に身に付けたとしても、
それでも本番では見たことのない問題が
できることもあると思います。

何度も繰り返しになりますが、
数学のほとんどの問題は、
基本的な考え方の組み合わせです。

見たことがないからといってあきらめてないで
しっかりと問題と向きあいましょう。

数学的な勘を養う

見たことがない問題がでてきたときに
必要になるのが、数学的勘です。

数学的な勘を養えるかどうかは、
普段の勉強の取り組み方次第になります。

勉強をしていくなかで、
わからない問題にたくさん出会うでしょう。
数学的な勘を養うためには、
すぐに解答を見てはいけません。

どんなにわからなくても
思いつく限りの解法を考えてみましょう。

解法を全く思いつかない場合は
適当な数値を式に代入したりして下さい。
意外と答えに辿りつけるかもしれません。

数学は暗記の教科と良く言いますが、
それでも一つ一つの問題を考える必要があります。
暗記だけではどうにもならない問題も存在します。

そんなときに必要になるのが、
解くことをあきらめない粘り強さと数学的勘です。

粘ることが習慣化されれば、
わからない問題に出合っても、
パニックになることなく、
落ち着いて解法を探し出すことができます。

それに、何よりも頭のなかで、
どの考え方が当てはまるのか
一つ一つ記憶から引き出すことにより、
つぎにするその当てはめの思考過程が短縮されるのです

つまり今まで習得してきた考え方を
アプトプットにより自分のものにすることができます。

例題と演習のある参考書を買う

どんな参考書でも同じテーマで例題と演習があれば、
演習の方が難しくできています。

例題はそのテーマについての考え方を
理解するためにあります。

そして演習はその考え方を
実践で使えるようにするためにあります。

だから演習問題では、他のテーマの考え方が
混ざっている複合的な問題に
なっていることが多々あります。

単純に例題通りに解こうとしても
とけないでしょう。

ひとひねりして考える力が
必要になってきます。

実際の入試問題により近い問題となるでしょう。

実践で使える数学力を養うために
演習のある問題を選んだほうが良いでしょう。