勉強の効果を最大限発揮するために、
学習内容を効率よく記憶するには、
アウトプットが重要だといわれます。

がんばって勉強するなら
効率よく記憶できるほうが、
学力アップのスピードも速く成果もでます。

この記事では受験勉強に役立つ
アウトプット勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

効率よく記憶する!アウトプット勉強法の紹介

受験勉強においての
アウトプットの重要性ですが、

受験に向け勉強をして
知識を蓄えていくために
インプットするのは当然として

アウトプットも行わなければ、
蓄えた知識をうまく利用できません。

インプットとアウトプットの
バランスをうまくとることで、
効率よく勉強でき、

入試本番で答案用紙に、
今まで蓄えた知識を
100%発揮できるようになります。

紹介するアウトプット勉強を参考に
効率よく勉強して受験に備えましょう。

勉強内容を後で説明することを前提として音読を行う

アウトプット勉強法として
学習した内容を後で説明することを前提として
参考書や教科書を音読してみます。

まず勉強内容を説明するためには
どのようなことを勉強したかを全体を理解し
要点を頭の中で整理しなければ、
説明することはできません。

学習しながら要点をまとめる習慣がつきます。
要点をまとめる習慣がつけば、
学習内容についてより理解が深まって
さらに記憶に定着しやすくなります。

あと音読というのは、
目で見た文字情報を言葉として
発する必要があります。

実際に声を出して読むことがアウトプットになり、
さらに聴覚も利用できるので、
学習内容がより理解できるようになります。

後で説明することを前提に読んでみても
説明する相手がいないと思うかもしれません。

説明する相手がいなくても
自分自身で声に出して
学習した内容の要点を話してみましょう。

音読と学習内容の説明という
アウトプットをすることによって、
勉強を効率よく行うことができるようになります。

勉強した内容の確認テストを必ず行う

勉強したことを記憶に定着させるためにも、
必ず確認テストを行いましょう。

確認テストを行うためには、
参考書や問題集をうまく利用する必要があります。

章ごとに確認テストが付いている
参考書などを利用してみましょう。
教科書の章立てと同様の問題集でもかまいません。

確認テストは記述が必要です。
学習した内容をすぐに、
復習しアウトプットすることで

効率よく記憶することができて、
学習効果が高まります。

勉強したことをノートに書き出す(簡単な日記や日報のイメージ)

最初に説明した勉強内容を
後で説明する前提で音読をすると少し内容が重複しますが、

今日どんな内容を学習したのかを
ノートなどに要点としてまとめます。

細かく書くと時間をとられてしまうので
本当に要点だけを記載します。

要点だけの記載でも
頭の中では学習した内容を思い出すので
復習の効果もあり、
記述することでアウトプットになります。

勉強内容をブログなどにアップしてみる

また余裕があれば、要点としてまとめたことを
ブログなどに今日の学習内容をアップしてみましょう。

後で見返すと復習にもなりますし、
テキストをタイピングすることで
再度復習とアウトプットができます。

もしかしたら同じ目標をもった受験生から
コメントなどが入ったり、
目標に向かって頑張っている仲間がいると
励みになったり、情報交換をすることで
より効率的に勉強できるかもしれません。

質問が来てもそれに返事をすることは
アウトプットにもなりますし
同じ境遇の仲間がいる事は
何より励みになるものです。

日々の勉強にアプトプットを意識して取り組めば
勉強効率も飛躍的にアップすると思います。

受験勉強に紹介したアウトプット勉強法を活かして
効率よく受験勉強にとりくみましょう。