復習の重要性 – エビングハウスの忘却曲線

心理学者のエビングハウスは、自ら「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節を記憶し、その再生率を調べました。

結果

20分後には42%を忘却、1時間後には56%を忘却、1日後には74%を忘却、1週間後には77%を忘却、1ヶ月後には79%を忘却。

下の図はがエビングハウスの忘却曲線です。

この図を見ていただければ、勉強における復習の大切さが理解できると思います。

復習は、翌日に一回目、一回目の復習から一週間後に二回目、二回目の復習から二週間後に三回目、三回目の復習から1ヶ月後に四回目、というように、間隔をあけて復習するようにしましょう。

せっかく勉強しても復習をしなければ、ほとんどが忘れ去られてしまいます。復習をしていない人は、穴の開いたバケツに水を注いでいるようなもので、非常に効率の悪い勉強方法といえます。 復習は退屈な作業かもしれませんが、必ず行うようにしましょう。

(この実験で使用されたのは相互に関連を持たない無意味な音節であり、学問などの体系的な知識では、より緩やかに忘却が起こると考えられています。)