今回は、大学受験に使えるオススメの参考書と
問題集をご紹介していきたいと思います。

紹介する参考書のカテゴリーは
「化学」の分野についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

各カテゴリーにおける参考書のメリットを掲示していきますので、
自分に合うものを選んで、
最後まで解ききりましょう。

参考書は、全部を1冊全ての内容を覚えきらなければ成績は上がりません。
このサイトのレビューを参考に、
書店で手にとってみて、
あなただけの1冊をお選びください。

化学について、細かく要素を分けてみると

  1. 解法インプット
  2. 解法アウトプット
  3. ハイレベル演習

の3つに分けられます。
化学は、理系科目です。

化学を勉強する時のコツは、
実践的な問題集を解く時、
この参考書に書かれていた考え方が頭に浮かぶようになれば、
楽に問題を解けるようになるでしょう。

また、実践的な問題集に進んでからも、
つまづいたら、最初に勉強した簡単な参考書に戻ってみると
「あ、こういうことだったんだ」を新たな気づきがあります。

また、化学が苦手な人は、
「中身はとても簡単に、噛み砕いて書かれている参考書」を選びましょう。

化学への拒絶感をなくし、
ひとつひとつ考え方を覚えていくプロセスが必要です。

それぞれの対策ができるように、
わけていきますので、最後までチェックしてくださいね。

解法のインプットができる参考書

シリーズ物です。セットで1つです。

鎌田の有機化学の講義 三訂版 大学受験Doシリーズ

福間の無機化学の講義 三訂版 大学受験Doシリーズ

鎌田の理論化学の講義 大学受験Doシリーズ

  1. 講義だけでなく実践的な問題とその詳しい解説も掲載されています。
  2. 単元ごとに基礎がしっかりと理解できます。過去問に挑むためにはちょっと物足りないです。
  3. この参考書は、解放が1つ1つ実践的に使えるようにまとめてあります。

シリーズ物です。セットで1つです。

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)

宇宙一わかりやすい高校化学(有機化学)

宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)

  1. 化学を基礎から完璧にする人にはちょうどいい参考書です
  2. 化学の考え方が身近なものに置き換えて説明されているから、イメージしやすく記憶に残りやすいです。
  3. 単元ごとに基礎がしっかりと理解できます。過去問に挑むためにはちょっと物足りないです。
  4. 全て完璧にすると授業の内容がすらすらと理解できるようになります。完成させて化学の考え方を身につけましょう。

シリーズ物です。セットで1つです。

岡野の化学が初歩からしっかり身につく「理論化学(1)」

岡野の化学が初歩からしっかり身につく「無機化学+有機化学(1)」

岡野の化学が初歩からしっかり身につく「理論化学(2)+有機化学(2)」

理論化学編と無機・有機化学編に分かれており、
講義形式で大学入試において
必要な化学の知識を養っていくための講義系参考書です。

  1. 講義だけでなく実践的な問題とその詳しい解説も掲載されています。
  2. 講義の部分を理解できているか、そして入試本番ではどのように出題されるかがわかります。
  3. この参考書は重要な「ポイント」が目立つような工夫がされています。
  4. 講義を読んで自分が理解した内容を頭の中でスッキリと整理することが出来ます。

解法アウトプット

化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版

  1. 過去問からピックアップされた良問が易しいレベルから中級レベルまでシリーズで取り揃っている
  2. 1問ごとに練習問題が付随しているので、すぐにアウトプットできる

化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 五訂版

  1. 必要最低限かつ頻出の解法が取り揃っているので、実用性バツグン
  2. 網羅的に化学の解法が記載されている

ハイレベル演習問題の参考書

化学の良問問題集[化学基礎・化学]

  1. 必要最低限かつ「良問」の解法が取り揃っているので、実用性バツグン
  2. 網羅的に化学の解法が記載されている

化学重要問題集ー化学基礎・化学 2017

  1. 難関大学・医学部に特化した解法のアウトプット参考書です
  2. 難関大学の過去問から厳選された問題なので、点数に直結する力をつけることができる
  3. 融合問題が出題される、最高峰レベルの参考書です

いかがだったでしょうか。
この記事で紹介されている参考書は
すべて「良問」と呼ばれる問題です。

大学受験の王道と呼ばれる参考書を活用して、
あなたの志望校合格に役立ててくださいね。